トップページpr-s300se  › 詳細設定-高度な設定
固定IP接続回線 IPQ

詳細設定-高度な設定

詳細設定-高度な設定
高度な設定を行います。
設定変更は即時に有効となります。[設定]をクリックしたあと、本商品にアクセスできなくなる場合がありますので、その場合は、Webブラウザを一度終了し、接続する端末と本商品の設定をあわせたあと、Webブラウザを開きなおしてください。
 
※ 「Web設定」画面に表示されているボタンについての説明は こちら

[高度な設定]
LANポート通信設定(ポート1~ポート4) (初期値:自動設定)

LANポート通信を「自動設定、100Mbps 全二重、100Mbps 半二重、10Mbps 全二重、10Mbps 半二重」から選択します。
通常は自動設定で使用します。

  • 「自動設定」
    LAN側の伝送速度/伝送モードを自動で設定します。

  • 「100Mbps 全二重」
    LAN側の伝送速度を100Mbps、伝送モードを全二重に設定します。

  • 「100Mbps 半二重」
    LAN側の伝送速度を100Mbps、伝送モードを半二重に設定します。

  • 「10Mbps 全二重」
    LAN側の伝送速度を10Mbps、伝送モードを全二重に設定します。

  • 「10Mbps 半二重」
    LAN側の伝送速度を10Mbps、伝送モードを半二重に設定します。
LAN側MDI/MDI-Xモード (初期値:MDI-X固定)

LANポートのMDI-Xを固定するか、自動切り替えにするかを選択します。
設定単位は、4ポート一括です。設定するとポート1~ポート4のすべてのポートが同じ動作となります。

  • 「自動設定」
    LANポートのMDI-X/MDIを自動切り替えに設定します。

  • 「MDI-X固定」
    LANポートのMDI-Xを固定に設定します。

[ブリッジ設定]
PPPoEブリッジ (初期値:使用する)
   PPPoEブリッジを使用する場合は、「使用する」にチェックしてください。
「使用する」にチェックすると、 PPPoE(PPP over Ethernet)プロトコルを搭載しているパソコンやゲーム機などを接続できます。

IPv6ブリッジ(有線LAN)(初期値:使用する)

有線でIPv6ブリッジを使用する場合は、「使用する」にチェックしてください。
(Bフレッツをご利用の場合のみ設定可能です。)
IPv6ブリッジ(無線LAN)(初期値:使用しない)

無線でIPv6ブリッジを使用する場合は、「使用する」にチェックしてください。
(Bフレッツをご利用の場合のみ設定可能です。)

[UPnP設定]
UPnP設定 (初期値:使用する)
   UPnPを使用する場合は、「使用する」にチェックしてください。
本商品のUPnPが有効になります。
「Windows(R) Live Messenger」などUPnPが必須のサービスやアプリケーションを利用できます。
また、UPnPで「Windows(R) Live Messenger」などを使用する場合は、パソコンの設定も必要です。
これらについて詳細は、機能一覧の「UPnP」を参照してください。
[情報]-[UPnP CPテーブル]を選択すると、現在接続されているUPnPのパソコンのIPアドレスとMACアドレスを表示します。
 
<お知らせ> PPPoEマルチセッションで本商品のUPnP機能をご利用になる場合のご注意
  • 「UPnP設定」を「使用する」に設定した場合は、「基本設定」-「接続先設定」の「UPnP優先」で接続先を選択し、設定してください。
    「Windows(R) Live Messenger」など、接続先が固定されたUPnP機能をご利用になる場合は、「UPnP優先」で選択した接続先に接続されます。

    ※ 本商品の工場出荷状態は、[メインセッション]がUPnP機能の優先接続先になっています。

[WAN→LAN中継機能]
Wake on LANに対応した本商品のLAN側にある端末を起動するためにWAN側(接続先)に接続された端末から送信されたMagic Packetを、 インターネットなどの網を経由して本商品で受信しLAN側にブロードキャストすることができる機能です。
WAN→LAN中継機能 (初期値:使用しない)

WAN→LAN中継機能を使用する場合にチェックします。

 
接続先(初期値:メインセッション)

WAN→LAN中継機能を使用する接続先をメインセッション、 セッション2~5から選択します。

 
UDPポート番号(初期値:7779)

WAN→LAN中継機能を使用するUDPポート番号を入力します。
UDPポート番号は、WAN側とLAN側で同一です。
<お知らせ>
  • 本商品はWAN側インタフェースで受信したMagic PacketのLAN側への転送のみを行います。
    Magic Packetの生成は行いません。

  • 静的NAT設定ですでに使用中のUDPポート番号と重複した設定はできません。

[節電機能]
指定時間内において、ランプ点灯制限、拡張カードスロット一時無効化、リンク速度制限による節電動作を行います。
節電機能(初期値:使用しない)

節電機能を使用する場合は、「使用する」にチェックしてください。

 
節電開始時間(初期値:00時00分)
(上記の[節電機能]で、「使用する」にチェックした場合)

節電開始時間を設定してください。
有効時刻:00時00分~23時59分

 
節電終了時間(初期値:23時59分)
(上記の[節電機能]で、「使用する」にチェックした場合)

節電終了時間を設定してください。
有効時刻:00時00分~23時59分
 
<お知らせ>
  • 節電機能動作時は、アラームランプ、PPPランプ、ひかり電話ランプ、登録ランプ、初期状態ランプが消灯します。

  • 「らくらく無線スタート」実行中、「無線LAN簡単接続機能」実行中、ひかり電話使用中、および使用後一定時間は、節電開始時間になっても節電モードに切り替わりません。節電モードの設定時間内であれば、終了後に切り替わります。

  • ひかり電話使用中、および使用後一定時間は、節電終了時間になっても通常モードに切り替わりません。通話終了後に切り替わります。

  • 節電機能動作中、無線機能はご利用になれません。また、無線IP端末もご利用になれません。

  • 節電モードに切り替わると、有線LANのリンク速度が10Mbpsに変更されるためブラウジングやリンク速度が低下したり、通信が切断される場合があります。ひかり電話に対応した有線IP端末の通話も切断される場合があります。

[アップデート設定]
ファームウェア更新種別 (初期値:自動更新)

バージョンアップお知らせ機能で確認した最新のファームウェアを、いつバージョンアップするかを設定します。

設定した時間に自動的にバージョンアップを行う[自動更新]とすることをお勧めします。


・「自動更新」


バージョンアップお知らせ機能で最新のファームウェアがあったことを確認後、設定した[自動更新時間]から1時間以内に自動的にバージョンアップを行います。


・「手動更新」


バージョンアップお知らせ機能で最新のファームウェアがあったことを「Web設定」の画面、「電話機のハンドセットを取りあげた際の音」でお知らせします。
バージョンアップは、「Web設定」の画面または電話機から行います。

 
再起動更新 (初期値:有効)

(上記の「ファームウェア更新種別」で、「手動更新」を選択した場合)

「手動更新」に設定した場合、「再起動更新」を「有効」に設定すると「Web設定」ページの「機器再起動」や本商品の電源の入れ直しで、本商品が再起動する際にバージョンアップを行います。
 
<お知らせ>
  • 本商品に最新のファームウェアがダウンロードされた状態で、本商品を再起動すると、自動的 に最新のファームウェアに更新されます。本商品の再起動時に、自動的に最新のファームウェアに更新しないようにする場合は、「手動更新」の「再起動更新」 を「無効」に設定してください。

  • 本商品を工場出荷状態で起動したときに、最新のファームウェアが提供されている場合は、自動的に最新のファームウェアへ更新されます。最新のファームウェアをダウンロード後、本商品が再起動しますので、しばらくお待ちください。

  • 緊急を要するファームウェアが提供された場合は、「ファームウェア更新種別」の設定に関わらず、ファームウェア更新が行われることがあります。本商品が再起動しますので、しばらくお待ちください。

  • ファームウェアの自動更新が実行されると、ご利用中のインターネットや映像コンテンツ視聴などの各サービスが中断される場合があります。


記事一覧

 
  • 光ネクストエクスプレスタイプ
  • root権限つきVPS、Ruby on the rails、Symfony、CakePHP、MySQL等、CloudPowerのPaaSソリューション
  • 弊社社員のIPQ活用メモ
  • ドメインの売買 @ドメインマーケット
  • ドメイン事前予約